メディカルアロマ活用案内所

便利に活用!メディカルアロマについての情報ページになります。

メディカルアロマをスクールで学ぶ

今では街のお店でもアロマをみかけるようになりました。アロマテラピーの効果を実際に実践し感じている人が多いことの表れです。アロマテラピーはおうちでもとりいれられることが多いです。部屋の掃除や浄化、気持ちをリラックスさせたり、リフレッシュさせてくれます。ヨーロッパなど、特にフランスなどではアロマテラピーが医療として認められています。アロマを薬として利用しています。アロマを趣味だけでなく、医療として使用することをメディカルアロマといいます。アロマの効果はそれほど認知されています。趣味としてだけではなく、医療としてアロマテラピーを学んでみたい方はスクールに通うことをおすすめします。実践しながら学べることと、専門的な分野なので独学で学ぶことよりも、きちんとした知識をもつ人から学びましょう。そしてアロマテラピーの素晴らしさをさらに実感できるでしょう。

メディカルアロマのすごさ

アロマはフランス語で芳香、セラピーは療法を意味しており、アロマセラピーには二種類あります。1つはおなじみの、香りでリラックスをするイギリス式のアロマセラピー。そしてもう1つは簡単に言うと代替医療のフランス式のアロマセラピーです。日常でイギリス式のアロマセラピーを取り入れている人は多くなってきましたが、このフランス式のアロメセラピーは「メディカルアロマ」といい、医療の現場でも活用されています。メディカルアロマは、手術や化学薬品を使った治療ではなく、人間が生まれながらに持つ自然治癒力を高める為にアロマを使用するという考えです。例えば、アトピーなどの皮膚疾患や、うつ病などの精神疾患の症状なども改善できると言われています。最近は医療関係者の間でも注目が集まってきており、資格取得するためのスクールや医学的なアロマテラピーを学ぶことができる場も増えてきています。

入院時に利用をするメディカルアロマ

入院生活は退屈だと感じることがありますし、ずっと部屋にこもっていると、ストレスも感じてしまいます。そこでリフレッシュをすることを目的としたメディカルアロマを導入している医療機関もあります。専門の資格を取得して医療機関を定期訪問する人もいます。中には医療関係者として勤務をしていながら、メディカルアロマの資格を取得して、入院患者にケアをすることもあるようです。入院生活を少しでも快適に、また治療や診察をリラックスした状態で受けてもらいたいと考える医療機関の増加によって、安心をして入院をしたり診察を受けることが出来るようになりました。そこまで配慮をしている医療機関はまだまだ少ないかもしれませんが、今後は増加をしてくるかもしれません。専門のスクールに通ったり、通信教育でも対応をすることが出来るようになっています。

アロマのプロを育てます。受講期限はありません。 パルファムの卒業生は1000人以上! 当校で使用しているのはフランス「プラナロム社」の精油、信頼できる高い品質で世界中のアロマセラピストに支持されています。 パルファムのコース内容などの資料請求をして頂くこともできますのでどうぞご利用ください。 趣味を充実させたい方やキャリアを確立させたい方にもご満足いただけるレッスンをご用意いたしております。 メディカルアロマを学ぶならパルファム